岩国市役所 本庁 総合政策部 民間空港推進課 - 岩国市【エブリタウン】

岩国市役所 本庁 総合政策部 民間空港推進課

山口県岩国市

この記事をはてなブックマークへ追加する Clip to Evernote
※岩国市役所 本庁 総合政策部 民間空港推進課の位置は自動計算で表示している為、実際とは異なる場合があります。

岩国市役所 本庁 総合政策部 民間空港推進課の オススメ口コミ・紹介文

是非あなたの紹介・おすすめ情報を教えて下さい!(自薦、他薦どちらでもOKです)


民間空港推進に関る総合政策部を含む市役所のホームページです。
(2014/09/12)
全国的な利用者にアピールする面では、愛称に「宮島(厳島)」を併記し、「岩国錦帯橋・厳島神社空港」とした方が「錦帯橋」単独名称よりも相乗効果でインパクトが大きく利用者需要の喚起徹底を図れたのではないかと思います。全国CMを流すよりも効果が有ると思われます。他県の隣接観光地を冠した空港名は直近の「石見空港」の例でも「萩・石見空港(IWJ/RJOW)」が有ります。所在地は益田市近郊ですが、判り易い萩を使用しています。此方はかなり離れていますが…
mats (2013/11/13) 変更・削除
供用開始後此処迄は順調に推移している模様で良かった。広島市中心部の住民ですが率直に御慶び申し上げます。広島県側では未だに広島旧空港移転の成否を云々し平成5年(1993)10月29日新広島空港開港から20年も経過しているのにアクセス手段の体系化に関して何も具体策を実現化しておりません。そもそも旧空港の立地で昭和36年開港した事自体、有り得無い無理やりの立地で在った事も理解して居らず、結果制約の多い不十分な空港に拘り続けジェット化も最後発でした。問題は移転の是非ではなく、アクセス手段の多様化・高速化、定時運行性を如何に迅速に整備するかでしたが全く理解しようとしません.
mats (2013/11/13) 変更・削除
広島県内「旧安芸国」西側地域で長年続いている本家から、分家流を開いた亡父の子供として当時の旧市役所近くの広島旧市内で生まれ、当時の吉島新町の亡父宿舎で幼少時代を過ごした後、郊外の住宅地で育ち10歳代後半から広島以東の県外へ進学、そのまま職場も県外暮らしとなり諸外国も含め様々な場所・地域で生活した後、親の身辺世話で広島市内に戻って来た男です。広島県内人から見た「岩国空港再開」に関する思いを申し述べたいと思います。第一印象は「やっと実現したんだ。長年ずいぶん紆余曲折で在った事だなあ」が正直な印象です。旧国名で「安芸国」と「周防国」の地域は地形的に、中国山地が海岸線迄迫り沈み込んで瀬戸内海に接し、
mats (2013/11/13) 変更・削除
遠浅の海岸線を形成して居る地形でリアス式海岸程甚だしくはないまでも、人口の疎らな中山間地域が大部分です。可住地が極端に狭い海岸部に人口集中し、人々は太田川をはじめとする大小の河川が形成した沖積平野と、その外縁部にへばり付く様に密集して暮らしている地域でした。また海側は瀬戸内海特有の多島海地形で大小様々な島々が近接し、海上交通航路は錯綜し過密を極め、沿岸漁業も盛んな地域です。このため十分な空港建設要件を満たす立地の非常に乏しい地域でした。第二次大戦直後昭和23年「英国航空(BOAC)」岩国乗入れから、国際空港指定を経て、昭和30年代にかけて全国的に航空交通の再開が戦後復興とともに本格化して行った
mats (2013/11/13) 変更・削除
時代、この地域には昭和13年(1938)4月錦川河口部に形成された三角州に日本海軍が建設した岩国飛行場が既に有りました。英国軍駐留後米国軍駐留使用となり、民間航空再開時期「日本航空」や現在の「全日本空輸」の前身である「極東航空」、「日本エアシステム」の前身「東亜航空」等も路線を開き順調な歩みを見せていた戦後復興から現在に至る時期、この地域の拠点となるべき空港立地で在ったと思われます。広島県人としては、複雑な思いもありますが、昭和36年(1961)開港の広島空港(旧広島空港 広島市西区観音町)は国が設置管理する第二種空港として新規に建設する場所としては不適切な立地で在ったと思います。
mats (2013/11/13) 変更・削除
当時の経緯は存じませんが、結果的にこの空港建設を理由に、当時の岩国空港の民間空港としての機能発揮と発展性を断絶して仕舞う結果に成ってしまった事は両県民にとって計り知れない不便をもたらしたと率直に思います。当時、広島側の行政指導者達が自県内建設に拘らず、当時既存の岩国空港を活用し広島の基幹空港として位置付け拡張整備する考えを持って居れば、遥かに早い段階で良い航空交通基盤整備段階を迎えていたのではないかと感慨が有ります。現状では、広島県側も独自の広島空港を建設して活性化を求められる状態です。此れから成すべき事としては、「利用客の単なる取り合いだけで双方成り下がって行く」ではなく双方が基盤整備   
mats (2013/11/13) 変更・削除
真剣に取り組みこれを実現してお互いの公共施設としてのポテンシャルを高めながら、空港分布を面として捉え、長距離交通手段としての新幹線と競争力拮抗点である広島・山口両県の3空港に島根県内石見・出雲空港を加えた5空港の相互利用の促進を図る事が肝要であると思います。奪い合いではなく双方が互いの立地能力を生かしながら協調し全体として航空交通旅客の増大をもたらすような地域間連携が求められていると思います。
mats (2013/11/13) 変更・削除
広島県側では広島(新)空港(HIJ/RJOA)開港以来行政側・住民側双方チグハグな対応が目立ちます。広島県行政庁側の問題点としては、
① 新空港立地が、まともな空港施設・設備を設置可能で、且つ拡張性に富む立地を選択した結果の説明。
② 新空港立地が、周辺対策費に際限なく税金を費やさずに済む様になる立地である事。
③ 県土の均衡有る発展のため、定時性・高速性・多様性の有るアクセス手段を迅速に整備実現する事。
④ 旧空港では拡張性が全く無く、海上展開も多島海地形と港湾近接の為抜本的な解決にはならない事。
⑤ 旧空港の利便自体が第二種(A)国設置拠点空港としては不適切な構えと立地の結果だった事。

mats (2013/11/13) 変更・削除
を具体的な例を挙げて判り易く県民に説明する努力が全く足ら無い様に思えます。
此れに因り広島県民側は開港当初から、
① 「市内バスで20分弱で紙屋町に着く便利な空港だったのになんちゅう事をしてくれたんだ。」
② 積雪や豪雨災害による、高速リムジンバスの頻発する運休。
③ 山陽高速線や都市高速線上の事故渋滞遅延等の突発事象に依る渋滞遅延が原因の乗遅れ。
④ リムジンバス運休時の迂回アクセス手段の無さ。JR線最寄り駅経由と路線バス利用の時間的な不便。
⑤ 西欧諸国の空港の様なエアポートキャブ式乗合タクシーの営業規制(時間距離の通常営業のみ)
等の不便や不満が顕在化して久しく
mats (2013/11/13) 変更・削除
この間20年も経過し、アクセス手段の多様化はおろか、何一つ体系化が実現されておりません。基本的に開港当初平成5年(1993)10月29日のアクセス手段であるバス各社共同運航の空港リムジンバスが主要な交通手段で、これに利便性では劣るものの定時運行性で多少時間の読めるJR山陽線 白市駅発着 芸陽バス 広島空港路線バスの2つのみとなっております。広島県内ではこの20年間時計が止ったままの様な状態が続いております。計画案は複数出されましたが、あれはダメ、これもダメ、のダメ出しばかりで一向に具体化しない何時もの広島パターンの繰返しです。この間広島県はアクセス手段の
mats (2013/11/13) 変更・削除
多様化の一環として、中国横断道路 尾道←→松江線(高規格幹線道路)に接続する「広島中央フライトロード」なる「地域高規格幹線道路」事業に予算を注ぎ込み始め総延長30kmの高規格県道(高速道路規格)のうち空港から大和町IC10kmが開通して現在事業継続中です残りの20kmのうち14kmが調査区間だそうです。事業計画認可着手時期は平成4年(1992)~平成6年(1994)ですから開港と同時に「用意スタート!」で同時に走り始めた計画らしいです。しかしながら此処迄の第一期建設区間の総事業費だけで650億円も費やして居り、空港手前山陽線と沼田川を跨ぐ国内最大のアーチ橋に300億円もかけて
mats (2013/11/13) 変更・削除
現在延伸事業継続中との事で総事業費は更に数百億円見込まれているそうです。確かに東西の国土軸に対して、南北交通結節点としての利用者アクセス手段の多様化の一つとは思います。しかし、費用対効果の原則からすれば、利用者の多い県内沿岸地域の軌道系アクセス手段の実現を優先すべきです。20年間で650億円も費したのであれば、山陽新幹線空港分岐を例えば、「竹原市新庄町」の地上高架部分で双方向分岐し単線で葛子川と云う谷川沿いにほぼ真っ直ぐ北上すれば空港手前の県道73号線空港道路の立体交差手前に出ますので其処から緩やかに東に曲がり73号線に沿って東上し空港ビルと海上保安庁航空基地の間の臨時駐車場に駅舎ビル
mats (2013/11/13) 変更・削除
を建設すれば線路延長は約5000mです。谷川沿いに北上し、空港専用道路に直角に合流しますのでトンネルの必要性は殆ど無く。空港専用線の位置付けで軌道を地上敷設盛土交差(高架無)にして建設費を節約しても、空港専用道脇に出ますので、踏切を要するような箇所は殆ど無いです。これが最も時間的に広島・東広島・三原・新尾道・福山の主要県内都市間の空港への時間距離を克服する方法だと思います。JR山陽本線の分岐は実現困難な急傾斜だそうで、費用が掛かる割りに時間距離の克服には繋がりませんし、現在の軌道変更要する場合には既存の生活路線沿線住民の人々が影響を受け反対も生じ現実的ではありません。
mats (2013/11/13) 変更・削除
広島県は山陽本線の分岐に拘り過ぎだと思います。この部分は、岩国と丁度事情が正反対で、岩国空港は新幹線新岩国駅の位置が離れており、山陽本線が目と鼻の先に有る場所で、山陽新幹線の岩国徳山間と、岩国広島間は、人口集積の多い沿岸部の衛星都市地域はトンネルでショートカットしているため駅が無く、航空旅客の集めようが有りません。観光地の宮島等は山陽線側からだけのアクセスですので岩国空港駅が山陽本線で広島←→岩国空港←→徳山・防府間の航空利用客を集め。広島空港は新幹線で広島←→東広島←→広島空港駅←→三原←→新尾道←→福山の航空利用客を集めるようにしてアクセス線区で分業体制を執ればそれぞれの特徴に応じた棲み分け
mats (2013/11/13) 変更・削除
が可能となり食い合いにはなら無いと思います。各々が立地や公共インフラの特性地域性に併せたアクセス交通体系を作り上げ得意な地域の航空需要を喚起するような基盤作りを目指して行けば片方が良くなれば片方が凹むと云ったゼロサム社会ではなく拡大均衡を図る事が出来る一つの例だと思います。それには広島側の非常な反省と精進が必要と思われます。JRは昔の国営企業ではありませんから県側から積極的にアプローチして新幹線専用線の分岐と相互接続を働きかけて行く必要が有ります。昔の様な陳情とお願いだけで何もせず具現化待ちでは待てど暮らせど物事は実現しません。ただJRもあまりに頑なな感じがするのも大人気無いと思います。
mats  (2013/11/13) 変更・削除
JR西日本の利益の主要部分を占めるドル箱の山陽新幹線ですが県内←→東京間で航空需要とエンド-トウ-エンドで顧客を争奪するall-or-nothingの勝負だけに固執するのは、公共交通機関として如何なものかと考えます。県内各駅を結んでいる「こだま」各駅停車は近距離都市間交通としてまだ十分に輸送力を発揮しているとは云い難く、山陽新幹線内ではガラガラで走って居る面も多いです。この部分を航空旅客需要で改善すると考えれば、其れ迄不便をかこっていた利用客が乗車するようになり、広島県内新幹線各駅と、広島空港駅間の交通流が新たに発生し、新幹線県内各駅相互間旅客収入改善も、重要な経営ファクタだと考えます。
mats (2013/11/13) 変更・削除
昨年平成24年12月13日時点で空港符号IATA/ICAO:IWK/RJOIで再割当されてスタートしておりますが、私自身は旧符号で入力して仕舞うことが多いので、前から気になっておりました。個人的にはやはりIWJ/RJOI(Iwakuni JAPAN)ではないかと…隣接の石見空港が開港時期、平成5年(1993)7月にIWJ/RJOWとして、岩国のIATA符号から「転用」と説明書有ります。その頃岩国は、名目上はあくまで民航は運航休止と云う事ではなかったのでしょうか。本来なら、「萩・石見空港」は本来IWM/RJOWと云った処では?長幼の序ではないですが、旧符号の返還をお願いしてみては如何でしょう。
mats 空港符号 IATA/ICAO について (2013/11/13) 変更・削除
岩国飛行場立地関連の広島側の変遷
広島吉島飛行場(1943-1961)跡地
http://airport1111.blog.so-net.ne.jp/yoshijima-airfield

旧広島空港(観音新町)(1961-2011)
http://1901rjtt-to-roah.blog.so-net.ne.jp/2007-01-11

岩国飛行場・岩国錦帯橋空港別変遷
http://airport1111.blog.so-net.ne.jp/iwakunu-airport
mats 岩国空港と関連の有った広島県内側飛行場立地の変遷 (2013/11/13) 変更・削除
上記ブログwebサイトに県内に戻って来た男としてブログ本文では無く、コメントを記入しております。ブログの作成者は別の人で、全国津々浦々の空港を巡ってwebに纏めて居る人で膨大な手間隙をかけて全国の空港の立地や、現状、施設設備、運用上の課題。ご自身の意見等を独自の視点で解説している人です。
mats (2013/11/13) 変更・削除
※口コミ・紹介文は投稿時点のものであり、現時点とは異なっている場合があります。
広告
会社名 岩国市役所 本庁 総合政策部 民間空港推進課
読み方 イワクニシヤクショ ホンチョウ ソウゴウセイサクブ ミンカンクウコウスイシンカ
住所 山口県岩国市今津町1丁目14-51
電話番号 0827295010
カテゴリ 公共機関-地方機関
近くの駅 岩国駅
公式HP
「岩国をもっと元気にしたい!」市民の皆さまの熱い期待を力に、市長として全力投球の日々。一歩ずつ着実に前へ。皆さまと共に歩んで参りたいと思います。(山口県岩国市)
ブログ
Twitter
近くの会社 岩国市役所 本庁 総合政策部 民間空港推進課の近くにある会社
山口県岩国市横山3丁目1-11
公共機関-地方機関
山口県岩国市山手町4丁目4-14
公共機関-地方機関
山口県岩国市山手町4丁目4-14
山口県岩国市三笠町1丁目1-1山口県岩国総合庁舎
公共機関-地方機関
山口県岩国市三笠町1丁目1-1山口県岩国総合庁舎
公共機関-地方機関
山口県岩国市三笠町1丁目1-1山口県岩国総合庁舎
公共機関-地方機関
山口県岩国市三笠町1丁目1-1
公共機関-地方機関
山口県岩国市三笠町1丁目1-1山口県岩国総合庁舎
公共機関-地方機関
山口県岩国市三笠町1丁目1-1山口県岩国総合庁舎
公共機関-地方機関
山口県岩国市三笠町1丁目1-1

岩国市役所 本庁 総合政策部 民間空港推進課の情報なら地域情報サービスエブリタウンで

地域情報サービスエブリタウンでは、岩国市役所 本庁 総合政策部 民間空港推進課の企業情報、口コミ・おすすめ情報などを掲載しています。 また、岩国市役所 本庁 総合政策部 民間空港推進課のWEB検索結果やブログ検索結果、Twitterでのつぶやき情報などもあわせて掲載しています。

電話番号

0827295010

カテゴリ

公共機関-地方機関

http://www.city.iwakuni.lg.jp...
会社・ショップ情報の削除や変更依頼はこちらからおねがいします。

新しくエブリタウンに仲間入りした会社・ショップ

山口県岩国市[注文住宅、リフォーム]
自然素材の注文住宅・リフォームなら岩国市【アイナホーム】
山口県下関市[運転代行]
下関の運転代行なら信頼と実績のさくら交通へ!
山口県宇部市[整骨]
骨盤・関節矯正×筋・体幹調整を行うソフト整体で根本改善します!
山口県萩市[広告代理店]
ホームページ・ポスター制作等低価格で実現
山口県防府市[整体]
無痛整体で痛みを早期改善に導きます
WEB社名検索
「岩国市役所 本庁 総合政策部 民間空港推進課 岩国市」の検索結果です。

岩国市役所 本庁 総合政策部 民間空港推進課のオーナー様へ

エブリタウンへ無料掲載しませんか?
エブリタウンは無料で使える会社・ショップのPRサイトです。公式ホームページや公式ブログ・Twitterの掲載だけではなく、スタッフ・メンバーの紹介や、写真・商品の紹介など、会社・ショップの個性を簡単にお客様へアピールできます。 また、新しく「プロフ」機能も追加。質問に答えるだけでお客様に対する情報を簡単につくることができます。